切り花専用品種のバラを栽培したい

ガーデンローズとして流通していない切り花専用品種のバラで、どうしても手元で育てたい品種があります。
苗が買えないなら自分で作ろう、という訳で切り花を買って挿し木に挑戦してみました。

その品種とは、イブクレール。
登録品種なので作出者に許可なく増殖するのは禁止ですが、お金を払って買ったバラに対して個人が趣味で楽しむ分には大目に見てもらえるようです(増やしたバラを人にあげたり売ったりするのはNG)。
resize1516.jpg
(切り花の写真撮るの忘れた…淡いピンクの大輪カップ咲きで強烈なダマスク香を持つバラです)
3月に挿し木して無事に発根したので鉢上げしました。

…いっぱいできちゃった(汗
resize1520.jpg
切り花の挿し木は難易度が高めだという噂をどこかで見て、枯れるのを見越してたくさん作りました
最初はもっとあったんだけど、噂どおり、自宅のバラの枝で作った挿し木よりはずっと弱かったです。
10数本挿して、生き残ったのは8本だけ。
イブクレールを栽培されている方のブログを読んだところ、どうも生育が弱めなようなので、これぐらいあってもきっと損はないはず…
無事に開花を拝めるといいなあ。


こちらも切り花専用品種のDAローズ・ミランダ。
resize1518.jpg
(うどん粉が出ちゃってますが)
このバラはとても丈夫で、たくさん挿したのが全部発根しました。
ありすぎて困るほどだったので、鉢上げ時に12本まで減らしました。それでも多いか…
今後たくさん枯れるかもしれないから、少し多いぐらいの方がいいよね(汗

resize1519.jpg
この中の何本かが無事に成木まで育ってくれることを祈ります。
大きくなーれ。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
応援ありがとうございます!



余談ですが、ブログ村の犬カテゴリを「トイプー」から「犬のいる暮らし」に変更しました。
最初「シニア犬」に変えるつもりだったけど、そこのメンバーさんのプロフィールを見たら15歳以上の大御所ぞろいで、10歳の我が愛犬などシニア界(?)ではまだまだひよっこなのだと分かり(汗
仲間入りするには早そうなので今回は遠慮しました。
うちのコにも頑張って長生きしてもらって、いつかシニア犬カテゴリに行くぞー!(それまでブログが続いていたらの話)
関連記事