排水管ハンギング増殖中

今日はやっと日中の気温がプラスになりましたねー。
表通りの雪はほとんどなくなりましたが、公園にはまだこんなに残ってました。
resize1163.jpg
愛犬を雪で遊ばせようとここに連れ出したのだけど、あまり走らなかった…年を取って雪の冷たさが苦手になったみたい。
昔は喜んで雪の中を走り回ったのにね。ちょっと寂しい…


さて、タイトルの話です。
スロップシンク脇の排水管を飾るハンギングが増えました。
resize1166.jpg
ハーブを植えたルーツポーチを引っ掛けています。

排水管のようなポール状の場所にハンギングポットを掛けたいなら、ポールハンガーが便利です。
引っ掛け部がアーム型(↑の写真の一番上のもの)とフック型の2種類ありますが、新たに買い足したのはフック型の方。


取り付け部のアップです。
resize1165.jpg
(紐の通し方を間違えた!商品画像が正解です。後で直します。)
正直見た目はアレですけど(汗)ハンギングポットを掛けてしまえばそんなに気にならないかも?
ただし!
ご購入前に取り付け場所の強度を十分ご確認ください。
我が家の排水管は頑丈な鉄製なので問題ありませんが、物件によってはプラスチックなど弱い素材が使われていることもあると思うので…ベルトをギュッと締めたら管がバキッといった、なんてことになったら大変ですから


にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
応援ありがとうございます!
関連記事