「わけあり」のバラ苗って?

先日、園芸ネットの「わけあり特価コーナー」を見ていたら、何年か前に園芸店で開花株を見てからずっと欲しいと思っていたムンステッド・ウッド(Munstead Wood)があるじゃありませんか。
我が家のベランダは日照時間が短いせいか赤バラが咲きにくい(花芽がつかずブラインドになってしまう)ので購入を躊躇っていたのですが、もし安く買えるなら万が一咲かなくても諦めがつくんじゃない?という軽い気持ちでついに手を出してしまいました。
※私の主観ですが、白っぽいバラの方が半日陰でも咲きやすいと思います。

で、届いた「わけあり苗」がこちら。
resize1284.jpg
ショップ曰く、特価の理由は
「葉の汚れ・キズがある、出開きやブラインドがある、長期在庫である等」
だそうで、一体どんな苗が来るのやらと思っていたけれど、ぜんぜん大丈夫でしたよー。
タグの色が褪せていることから、長期在庫品なのではないかと思われます。
resize1288.jpg

この苗は暖地で育てられていたんですね…こんなに芽が伸びていてちょっとびっくり。
resize1283.jpg
いきなり寒い土地に来て新芽が傷むかもしれないなー。
なんせうちのはまだこんな↓ですから。
resize1282.jpg

届いたバラはべっとりした粘土のような土に植えられており、水はけが悪そうなので、軽くて水はけのよい土に植え替えました。
(本当は芽が伸び始めた後に土を崩して植え替えるのはタブーです)
伸びすぎた枝を少し切り詰めて、お手入れ完了。
resize1287.jpg
バラを不織布ポットで育てるのは実験的試みです。
根の成長にはよさそうだけど、冬は凍るし夏は煮えるかもしれません(汗


にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
応援ありがとうございます!
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングに参加しています。応援ありがとうございます!